カテゴリ:シチリアの市場に行こう!( 14 )

e0335287_22281299.jpg


シチリアは太陽と大地の恵みに溢れる島。
市場にはズラリと眩しいくらいに鮮やかな野菜や果物が並びます。

e0335287_22281397.jpg


平べったい桃は甘くて美味しい〜❤️

e0335287_22281331.jpg


オリーブも山盛り♪

e0335287_22281385.jpg



今年出来立てのドライトマト、、、甘くておいしい!


e0335287_22281491.jpg



シチリアといえばスパイス。
自分で好きなだけ袋に詰めます。

e0335287_22281404.jpg



もちろんチーズやサラミもあるー。

e0335287_23015021.jpg


満面の笑みのおじさん(笑
手に持っているのは、ローストしたピーマン。
美味しそう❤️


e0335287_23015199.jpg


片隅ではウニ♩


e0335287_23015196.jpg


どこに行っても市場散策はやっぱり楽しい!

by latavolasiciliana | 2017-06-05 22:22 | シチリアの市場に行こう! | Comments(2)

初夏の農民市場

e0335287_19423683.jpg


夏色全開!の農民市場♪

もはや暑くなってきた、、、というより、完全な真夏モードのシチリア。
これでも今年は夏が来たのがちょっと遅かったほど、、、夏がやってくるのが早いシチリア。

夏野菜も出そろっています。
旬の野菜が全体の99%を占める農民市場。
現在、ナス、巨大ズッキーニ&長いズッキーニ、トマト、赤黄ピーマン等等、、、
ビタミンカラー!の野菜達が市場を賑わせています。

e0335287_19444291.jpg


トマトも目が眩しいほど赤い。

近年、私の周りで軽いブームが来ている長いズッキーニ。

e0335287_19471265.jpg


ちなみに奥にあるのは、この長~いズッキーニの新芽、テネルミ、という葉野菜です。

テネルミ欲しさに我が家の家庭菜園にもこの長いズッキーニ、昨日植えてみたのですが、、、育つかな?

ナスはいつもの丸型の大きい明るい紫色のものに加え、真っ白なナスも。

e0335287_19512965.jpg


すごく柔らかくてクリーミーな食感らしく、、、。
私の顔と同じくらいの巨大な白ナスを購入。
1個で1kg、でかー(笑)

さて、これで今日は何を作りますかな?



 
by latavolasiciliana | 2016-06-29 19:53 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)
e0335287_19204181.jpg

パレルモ鉄道駅近くから長~く続くバッラロ市場をお客様と一緒に散策してきました。

季節の旬がズラリと並ぶバッラロ市場。

e0335287_19215157.jpg
e0335287_19230624.jpg
e0335287_19240938.jpg
何故かこの日はイワシがなんと、、、1kg1ユーロと大特価!!

e0335287_19261416.jpg
安っ!

ちなみに私、この翌日、レッスンで使うイワシをトラーパニにて1kg7ユーロで買いました、、、(^^;)

e0335287_19275857.jpg
見事なディスプレイ(笑)

こちらのお兄ちゃんも斬新なディスプレイ中(笑)

e0335287_19290502.jpg

野菜、果物、魚、肉、日用雑貨、、、となんでも揃うバッラロ市場。
見ているだけでもかなり楽しい市場散策です♪




by latavolasiciliana | 2016-02-26 19:30 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)

冬の農民市場

e0335287_00501797.jpg

トラーパニの海沿いに土曜日にたつ農民市場。

何度も言っていますが今年のトラーパニの冬、本当に暖かくて。
市場でも太陽の下で野菜や果物がキラキラと輝いていました☆

e0335287_00514755.jpg
冬野菜と言えば、ブロッコロという名のカリフラワー。

e0335287_00532024.jpg

カルチョーフィ。

e0335287_00543700.jpg
フィノッキオ。

冬に欠かせない食材達♪

11:00頃に行ったら、山積みであったろうカルチョーフィとフィノッキオ達は、
既に随分と売れたようで、、、ちょっとだけしか残っていませんでした。

やっぱり市場は早く行かないとねー。

かぼちゃも今が旬!

e0335287_00565668.jpg
ひょうたん型のものから丸いものまで、、、各種並んでいます。

私はオレンジ3kg、ブロッコリー1kg(大きいの2個)、フィノッキオ1kg(3株)をお買い上げ。
これで4ユーロ、、、やっぱり安いなー。

最近、八百屋さんもかなりの値上げ。
あまり買いこむのは好きではありませんが、農民市場は庶民の強い味方です(笑)

e0335287_01003158.jpg
ファーマーズマーケット、、、という言葉があまりにも似合わないこの市場。
やっぱり「農民市場」がしっくりきます(笑)

==

パンツアー&パスクワツアー、好評受付中!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。
こちら残席1名様となっています。
ご希望の方はお早目に~。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!





by latavolasiciliana | 2016-01-12 01:04 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)

10月の農民市場

e0335287_15464543.jpg
先日、まだまだ海水浴、、、というエントリーをアップしましたが、
もちろん猛暑は既に去っていて。
気持ち良い風が吹く、秋がやってきました。

久しぶりに農民市場に行ってきました。
秋の食材、、、というと、キノコを真っ先に思い浮かべると思いますが。
トラーパニ近辺は雨量が少なくキノコが生えるジメジメした環境がほとんどなく。
農民市場にキノコは並びません。

唯一、秋っぽいのはカボチャ?

あ、これも。

e0335287_15502001.jpg

Fichi di India(フィーキ ディ インディア)。
「インドのイチジク」という名のサボテンの実。
こちらも秋のフルーツ。

でもまだまだ夏の露地ものもあります。

e0335287_15524243.jpg
ピカピカ光るナス♪
露地もの最後の時期!

長ズッキーニもしぶとく残っています。

e0335287_15550010.jpg
夏野菜に紛れて、冬野菜も登場してきました。

e0335287_15563936.jpg
シチリアの方言で「ブロッコロ」という名のカリフラワー。(ややっこしい・笑)
毎年、冬野菜の中で一番早くでてくる野菜です。
でもやっぱり美味しいのは冬に出てくるブロッコロ。
あと数か月待ちます。

そしてシチリアで一番秋を感じさせてくれるものと言えばこちら。

e0335287_16000064.jpg

そう、オリーブ!
今の時期になると自分で漬ける用のオリーブが市場に並びます。
収穫したてのオリーブを買って行って、それぞれお好みの方法であく抜きをします。
一般的に売っているものは長期保存を目的としているのでしょっぱすぎたり、
既に味付けがされているものもお好みの味じゃなかったり、、、。
それぞれにこだわりがあります。
自分で作れば手間はかかるけれど、思いのまま!ですからね♪

この日は夏物最後の露地もの、ナス、長ズッキーニを購入。
もう少し夏の食卓を楽しみます♪


==

さて、11月の料理教室@日本。
11月8日(日)の夜の部でお席がご用意できます。
デモンストレーション方式とご案内していたこの日のレッスンですが、
実習付きレッスンを希望される方が多かったため、
一部実習付きレッスンに変更させていただきました。
デモンストレーション方式を希望される方は実習に参加しなくてもOK。
フレキシブルなレッスンにしたいと思っています!

皆さんのお越しをお待ちしております❤

詳しくはこちらから。



by latavolasiciliana | 2015-10-06 16:03 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)

パレルモ市場 今昔物語

e0335287_123312.jpg


パレルモの3大市場の1つ、ヴッチリア市場。
かつては「パレルモ市民の胃袋」と称され賑わっていたこの市場ですが、
今は閑散と寂れた市場となってしまいました。

写真はヴッチリア市場の中央にある広場。
ここにはかつて、

「タコ親父」

と呼ばれた名物親父がいて。
さっと茹でただけのタコにレモンをギュっと絞って食べさせてくれる屋台がありました。
このタコ親父も病気になり、しばらくは息子が屋台に立っていましたが、
今はその姿も消え、、、。
昔からこの場所でパレルモ名物のモツバーガー(パーネ カ メウサ)を
売っていた親父だけが残りました。

ヴッチリア市場に変わって現在賑わっているのがパレルモ駅近くのバッラロ市場。
野菜、魚、肉、チーズ、お菓子、パン、雑貨、、、、
ありとあらゆるものが1キロ以上にわたって並ぶバッラロ市場には、
いつもたくさんの人が押しかけ買い物をしています。

パレルモは過去の栄光と現在の廃退のコントラストがはっきりと浮き上がる街。
それは市場も同様で。

ヴッチリア市場には、その過去の栄光を求めてか、
この場所を懐かしんでなのか、
それとも、もはや習慣なのか、、、
現在は多くの親父達の溜り場となり。

今日もそんな親父達がモツバーガーを求めて屋台に群がるのでした。
by latavolasiciliana | 2015-02-18 01:36 | シチリアの市場に行こう! | Comments(6)

晩秋の農民市場

しばらくアップをご無沙汰している農民市場。11月末だというのに比較的穏やかな暖かい日々が続いていて衣替え、、、にはまだまだ遠い感じですが、農民市場はすっかり衣替え。冬野菜が並んでいます。

e0335287_2347869.jpg


ブロッコロという名のカリフラワー。

e0335287_23481166.jpg


カルチョーフィ。

e0335287_2350324.jpg


フィノッキオ(フェンネル)。

冬野菜3兄弟とも言えるこの野菜たち。10月初旬から市場に並んでいましたが、その頃はまだあまり美味しそうな感じがしなくて、、、ようやく、美味しい顔をした野菜3兄弟が並び始めました。

とは言え、まだ秋という感じがするのが果物達。

e0335287_23532613.jpg


今がはしりのオレンジやマンダリンに加え、ブドウ、カキ、フィーキ ディ インディア(サボテンの実)という、秋の果物もまだあったり。

農民市場では野菜や果物だけではなく、食に関する色んなものが売っています。

これはカステルヴェトラーノの黒パン。トラーパニ県南部のカステルヴェトラーノという街の近辺で栽培されるトゥンミニアという古代種のセモリナ粉をつかったこのパン。

e0335287_23554822.jpg


すっごい香りが良くて、噛んでいると甘味を感じてくるこのパン。粉が美味しいせいかパンの味自体がとっても深く。土曜日の大きな農民市場には売りにやってきませんが、うちの近所で水曜日に立つ農民市場に毎週やってきます。

e0335287_03073.jpg


パン屋、、、というよりもちょっと漁師っぽいおっちゃん(笑)朝焼きたてのパンの他、朝食用のビスコッティも販売していますがこれもまた美味。この市場にやってくるようになってまだ数ヶ月ですが、ウワサがウワサを呼び、いつもたくさんの人が買っています。やっぱり美味しいモノのウワサが広まるのは早い(笑)

e0335287_055590.jpg


ハチミツや、、、

e0335287_07579.jpg


乾物屋さんもあります。

もちろんいずれもトラーパニ県内で生産されたもの。直売なので価格もお手頃。(というか安いっ!)

乾物屋さんでは乾燥ソラマメを買ってたおじさんが、こんなことを言っていました。

「ここで買った乾燥ソラマメはね、1袋は食べるようで、もう1袋はウチの畑に植えるようなんだよ。ここで買うソラマメは発芽率が良くてね。来年の春もきっと美味しいソラマメが食べられるはず。」

おじさん曰く、種屋さんで買うものよりも、農家さんから買ったほうが安心だから、毎年乾物屋さんで植える用のソラマメを買うんだそうです。

ここのところ忙しくてなかなか農民市場に来れませんでしたが、やっぱり市場は楽しい!

来年はパン屋さんと、ハチミツ屋さんと、乾物屋さん、、、作る現場にお邪魔したいと思っています♪
by latavolasiciliana | 2014-11-26 23:49 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)
久しぶりのパレルモ。そして久しぶりのバッラロ市場!

パレルモにある3大市場(バッラロ、ヴッチリア、カポ)のうち、もっとも賑わっているのがバッラロ市場。私のオススメコースはパレルモ中央駅近くのVia Tukory(ヴィア トゥコルイ)から入ってジェズ教会のほうに抜けるルート。入り口は普通の市場っぽいのに段々ディープな感じになっていきます。

まず入り口付近には果物が野菜が並びます。

e0335287_1211136.jpg


イタリアのスイカは細長し。

e0335287_12157.jpg


夏の風物詩、長~いズッキーニ。トラーパニではクネクネ曲がったのが売っているけど、バッラロにあるのは真っ直ぐ!そして細い!だから余計長い、、、、。

e0335287_1242628.jpg


真っ赤なトマトが0.7ユーロ、、、もちろん1個ではありませんよ、1kgです!パレルモの市場はトラーパニより相当安い。

e0335287_1265375.jpg


桃が食べ放題。安いです。

e0335287_1303950.jpg


でっかいカジキがドカン!

e0335287_1312041.jpg


魚屋も賑やか。

ちょっと奥に入っていくと、、、

e0335287_1333974.jpg


段々増していく廃墟感。このあたりになってくると相当道も狭いのですが、原チャリやAPE(オート三輪)がお構いなしで走っていきます。以前に比べると随分怪しい感じも薄れましたが、それでもやはり手荷物にはお気をつけください。

ディスプレイを見るのもバッラロ市場の楽しみのひとつ♪

e0335287_12917100.jpg


e0335287_1362675.jpg


なんかシュールです。

肉屋さんの軒先には通常、羊の半身がガンガンぶら下がっているのですが、さすがに暑いからか、、、ぶら下がってませんでした。豚足や豚の耳なんかもなくって。夏は肉劣勢か?

びっくりしたのはこんな真夏にブロッコロ(という名の黄緑色のカリフラワー)を売っている屋台がひとつあったこと!個人的にはこの暑い季節にブロッコリーはちょっとね、、、食べたくないし。ま~、買っていく人はさすがに見かけませんでしたけど。旬じゃないものが並んでいるとやっぱり違和感があるシチリアの市場。

久しぶりにバッラロ市場行きましたが、やっぱり活気があって物資も豊富で面白い。そして毎回思うこと、それはパレルモは安い!

さ、市場を後にしてパレルモの街をぷらぷらしましょう♪
by latavolasiciliana | 2014-08-02 01:43 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)

3月の農民市場

今年は冬、、、という冬がついにやってこなかったトラーパニ。

11月中旬~下旬にかけて、猛烈な寒気が入り込んだヨーロッパ。そのときはさすがに冬だ~、、、っ!と思ったものの、その後、あまり冷え込むことがなく、春がやってきてしまいました。

この時期、メルカートに激しく並び始めるのがニンジン。

e0335287_23534257.jpg


ニンジンって旬は冬、ってよく言いますが、トラーパニでは冬後半~春にかけて、メルカートで見かけます。秋にも見かけますが、今の時期のものがニンジンの味が濃くて美味しい♪ 秋はまだまだ水が足りていないのかも。

e0335287_23564688.jpg


この長ネギ、、、というにはちょっと短いネギも春の味覚。たまねぎと同じような感覚で使います。蒸すと甘みが増してこれまたウマい。

e0335287_23595317.jpg


カルチョーフィも旬真っ盛り!カルチョーフィって、クリスマス時期の収穫を目指して栽培されるPrecoce(プレコーチェ)と、復活祭の時期を目指して栽培されるTardivo(タルディーヴォ)があるそうで。今の時期Tardivoの旬真っ盛り。

「今朝収穫してきたんだよ!」

e0335287_023211.jpg


写真を撮られるのが大好きなシチリア人、、、メルカートで写真撮ってると、必ずこういう人が現れます(爆)
でも、「朝採り」の言葉はウソではなく、葉がぴんぴんしてました。見るからに新鮮!

e0335287_05554.jpg


オレンジはそろそろラストスパート!4月もまだメルカートに並びますが、今月いっぱいくらいが美味し時期です♪

e0335287_071663.jpg


フィノッキオは巨大化しています(笑)

e0335287_0901.jpg


最近人気のタマゴ屋さん。1枚、まるごと持ってこのメルカートから出て行く人がたくさんっ!現在マンマの家のニワトリ君が元気に卵を産んでいるので、最近はもっぱら産みたて卵をいただいていますが、あんまり産まない時期が来たら私も試してみよう。卵は怖いですからね、、、。

本当に天気がよかった土曜日は、紫外線もだいぶ強くなってきて。野菜も果物もなんだかピッカピカに光って見えました。ビタミンカラーで目から吸収するビタミンか?

さほど寒くないシチリアですが、春の到来はやっぱりウキウキ❤ 外に出るのが楽しい季節です☆彡
by latavolasiciliana | 2014-03-10 00:13 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)

シラクーサの朝市♪

e0335287_102659.jpg


シラクーサではオルティージャ島の入り口の海沿いに朝、市場が立ちます。

上の写真のオヤジ、、、そう言えば、私が2005年に住んでいた頃からいたような(笑)シチリアって10年経っても風景があまり変わらないところも魅力なんです。

e0335287_122046.jpg


シラクーサの市場を歩いていると、

「コンニチハ~」
「イラッシャイマセ~」

と微妙な日本語が飛んでくる、、、、(笑)日本人観光客が多いんだな~、と改めて実感。シラクーサ県やラグーサ県は観光局がすごく力を入れて日本向けにプロモーションを行っています。それに比べトラーパニは、、、、(笑)インフォメーションもcaffe'をしに行くために閉めちゃうようなダメダメ観光局。ま、それもまたいいか、、、という感じもするんですけどね、シチリアっぽくて(笑)

e0335287_1135388.jpg


この日は連休中だっただけあって市場も大盛況!

e0335287_17324.jpg


トラーパニではほとんど食べる機会のない牡蠣。東シチリアの市場には山盛り!そういえば、モディカに住んでいた時、シラクーサに遊びに来ては大量の牡蠣を買ってスプマンテを片手に、夜空を見上げながら外で牡蠣を食べたな~。なんだか懐かしい♪

e0335287_1102881.jpg


海の近くにある大きな魚屋さんも変わっていない。

シラクーサが面白いのは場外。

e0335287_117151.jpg


アポロ神殿跡の裏にある一本の道がズラリと市場になるわけですが、市場が終わってもあちらこちらで売ってるおっちゃん達が。

e0335287_1194398.jpg


ウニもいまっせっ!

シラクーサに住んでいた時にはこの市場にしょっちゅう冷やかしに来ていました(笑)なのに、、、写真がほとんどない、、、。当時は記録を残す!、情報を発信する!というよりも「目に焼き付けよう!」という気持ちが強かったんでしょうね、私。この頃はまだ自分がシチリアに住み着く、、、なんて考えてもいませんでしたから。写真では伝えきれない空気や土地の臭いをめいいっぱい、体で感じたかったんだと思います。だから写真よりも自分の眼で、、、。考えてみればブログが当時の情報発信の最先端でFBもTwitterもなかった9年前。ミクシーがあったかな?時代は変わるものですねー、しみじみ。

シラクーサの市場は規模が大きいわけでもなく、変わったものが並んでいるわけでもありませんが、比較的きれいだし街中にあるし。人でごった返した市場はちょっと怖いわ、、、という方でも安心して見学できる市場かと思います。とは言え、写真に夢中になりすぎてスリなどに会わぬよう、お手持ちの荷物にはお気を付けて、、、、。
by latavolasiciliana | 2013-11-15 01:22 | シチリアの市場に行こう! | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana