カテゴリ:オソト ゴハン( 6 )

e0335287_16452267.jpg

毎年7月末にトラーパニで開催される世界のストリートフードの祭典STRAGUSTO(ストラグスト)が
今年も開催されました!

体調があまりよくなかったので、今年は行けないかなー、と思っていましたが。
日曜日も昼を過ぎたころから段々復活の兆し、、、。
なので最終日、それも日が落ちて気温が下がった頃に行ってみました。(それでも30度でしたけど・汗)

最終日だからもう人もまばらかな?と思ったら、、、大混雑!
そこら中で行列ができていました。

ストラグストは、パレルモの脾臓バーガーやパネッレバーガー、トラーパニのクスクス(ストリートフードじゃないけど・笑)、
シチリア菓子のカンノーリやグラニータはもちろんのこと、
イタリア&世界のストリートフードの屋台が並びます。

e0335287_16494248.jpg

これはトラーパニの揚げナスパニーニ。
ええええ??という感じですが、結構おいしい(笑)

こちら正確にはどこの国だったか忘れましたが、、、アラブ系スタンド。

e0335287_16533160.jpg

かなりシチリアに近い!
やっぱりシチリアってアラブの影響が強いのね~、、、と感じられずにはいられません。

パレスチナの屋台。
まずはここでパレスチナ風パニーニ。

e0335287_16580846.jpg
ラップサンドのような感じで、鉄板でジュージュー炒めていたターキーと野菜のサンド。
ひよこ豆コロッケ(ファラフェル)が気になったので、これも入れて―、とお願いして、肉&ひよこ豆コロッケサンドに。
考えてみたら日本のコロッケパンに近いな(笑)

お次はこれ。

e0335287_17070978.jpg

オリーヴァアスコラーナ = アスコリピチェーノ風オリーブ。

アスコリピチェーノはマルケ州の街。
懐かしいぃ~♡
2004年、イタリア留学を始めた最初の土地はマルケ。
その際に何度か訪れた小さなカワイイ、素敵なメルカートがある街。
そこの名産?オリーブに肉詰めしたものを衣を付けて揚げた1品。

これ大好き!

黒い方はトリュフ風味。
いずれも揚げたてで美味しかった~♪

ストラグストはチケット制。
1チケットが1ユーロで、5枚セットと10枚セットがあります。
私達は10ユーロ×2を買って、これにビールで11枚でした。
シチリア的には若干の割高感がありますが、ま、お祭りですからね。

以下、参加していたスタンド色々です。

e0335287_17140348.jpg
パーネ カ メウサ = パレルモの脾臓バーガー、これはストリートフードにはかかせませぬ。

e0335287_17160871.jpg

揚げたてフリットも美味しそう♡
でも病み上がりにフリットはキツイからパス(笑)


e0335287_17182621.jpg
ドルチェは揚げ菓子オンパレード!
もちろんカンノーリやグラニータもいましたよ。

今年、すごい行列を成していたのがこれ。

e0335287_17203052.jpg

なんとマグロバーガー。

そういえば日本でもあったような、こんな感じのもの。

今回、ストラグストを見ていて思ったこと、、、なんだか日本の縁日みたいだわー。
焼きそば、お好み焼き、あんずあめ、りんごあめ、、、
縁日のものって特別美味しいわけでもないのに、あの雰囲気の中で食べると何故か美味しく感じる。
昭和の良き時代を思い出しました(笑)

来年はお好み焼きで参加しちゃおうかな!?なんて思っちゃいました(爆)

ちょっと気が早いですが、2018年の夏にトラーパニへの旅を予定している方。
ストラグストの時期を狙ってくるのも良いかも。
例年7月の最終週頃に開催しています。
2018年の開催日が決定したらブログでもお知らせしますね!


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-07-31 17:26 | オソト ゴハン | Comments(0)
e0335287_362719.jpg


シチリアにきたらやっぱり魚介類よね〜、、、なんて思っているあなた!

いやいや、、、シチリアはお肉も美味しいのです

トラーパニの近くの田舎町にひっそりとある最近お気に入りのトラットリア。
肉屋さんが経営するトラットリアだけあって、肉料理中心のメニュー。
約1kgほどのTボーンを注文したところ、、、ジュルリ、、、おいしそう~!
肉の焼き加減も好みな感じ

e0335287_361178.jpg


この近くで収穫したオリーブで作られた辛めのオリーブオイルとレモンをたっぷりかけて、、、
いっただきま~す!

e0335287_361826.jpg


シチリアはお肉も美味しいんです❤
by latavolasiciliana | 2016-09-12 03:09 | オソト ゴハン | Comments(0)
e0335287_00342226.jpg

旅行記、順不同で記憶に残ったものから書いています。。。。

今回のヒット。
私の古巣、モディカで食べたブロッコリーとリコッタのズッパ。
モディカに住んでいた時も食べたことがない一皿。

ラグーサ、モディカ地方はシチリアでは珍しく酪農が盛んな土地。
シチリアのリコッタと言えば羊で有名ですが、ここの地方はリコッタも牛乳。
これがクリーミーでミルキーで本当に美味しい❤

ブロッコリーとリコッタのズッパは優しい~お味でかなりわたし好み
これお腹空いていたらたくさん食べられたのにな~。
モディカは4日目だったので、既にお腹がいっぱい(笑)、、、残念。

牛乳のリコッタ、しかもかなり美味しいリコッタがないと再現不可能だから、
トラーパニではまず無理。
冬に時間ができたらこのズッパ食べにモディカ再訪しよ~♪


==

●シチリア美食の旅をコーディネート「ラ ターボラ シチリアーナ」
http://tavola-siciliana.com/

●エリチェの街散策付き!トラーパニステイ3泊4日&5泊6日ベーシックプラン
http://tavola-siciliana.com/set_plan/basic.html

●2016年の「シチリア美食プラン」の日程が決定しました。詳しくは下記URLから。
http://tsiciliana.exblog.jp/23492589/



by latavolasiciliana | 2015-10-23 17:33 | オソト ゴハン | Comments(0)
e0335287_13521509.jpg

昨日から始まった「REIと旅する東シチリア周遊 美食の旅 5泊6日」
初日は今が旬!のポルチーニ三昧で幕開け~♪

トラーパニではほとんど味わうことができないポルチーニ。
キノコはやはり森に行かないと、、、。
マドニエ山脈の小さな中世の街にあるキノコレストラン。
ここはほぼ年中、旬のキノコが味わえるシチリアでは貴重なお店です。

お店の入り口には絵に描いたようなキノコたち、、、!
巨大ポルチーニもいます!

e0335287_13550479.jpg

ちなみにこれ、作り物っぽいけどお皿の上のキノコは全部本物です。

シェフも大きなポルチーニを手に思わずニンマリ♪

e0335287_13583269.jpg
さてさてポルチーニ料理はというと、、、。



わっ!地味っ!(笑)
キノコ、、、茶色一色なので写真でみるとかなり地味な感じですが、、、
これが本当に香り豊かで美味しかった❤

e0335287_14055702.jpg

アンティパストだけで5種類。
大量のキノコが使われている料理ばかり!
今の時期の旬はポルチーニとオーヴォリ。
どちらも旬だけあってかなり芳醇な香りでした。
もう既にここでかなり満足❤

e0335287_14065389.jpg
そしてプリモ。
これ、、、かなり意外でかなり美味しかった一皿。
ポルチーニのカルボナーラ。

「何かポルチーニ使った美味しいパスタない?」

と聞いてお店の方に勧められた一皿。
聞いたときには????な感じでしたが、食べてみると、、、
カルボナーラのようでカルボナーラでないようで。
でもポルチーニの香りがかなり強く感じられて。
パスタとキノコの相乗効果なような感じでキノコ食べた感満載!の一皿でした。
ちなみにこれでハーフポーション(汗)
このお店、、、マンニャマンニャ攻撃、危険です(汗)

旅はまだ始まったばかり、、、。
最初から飛ばし過ぎないよう、私はここでストップ。

e0335287_14133165.jpg
豚肉のポルチーニソース、ポルチーニとマメのスープ、、、
これもおいしそうでした❤

これから5日間、とにかく食べまくる5日間(笑)
食べ過ぎ(飲み過ぎ?)に注意して頑張ってきます!(仕事です!笑)


==

●シチリア美食の旅をコーディネート「ラ ターボラ シチリアーナ」
http://tavola-siciliana.com/

●エリチェの街散策付き!トラーパニステイ3泊4日&5泊6日ベーシックプラン
http://tavola-siciliana.com/set_plan/basic.html

●2016年の「シチリア美食プラン」の日程が決定しました。詳しくは下記URLから。
http://tsiciliana.exblog.jp/23492589/







by latavolasiciliana | 2015-10-11 14:17 | オソト ゴハン | Comments(0)
シチリア南東部美食の旅に欠かせないこのお店、
キアラモンテグルフィという小さな街にある豚肉専門店Majore(マヨーレ)。

今までにも何度となく訪れましたが、いつも期待を裏切ることのない同じ味。
ここはなんといってもシチリアで一番最初に作られたレストラン。
これぞ老舗、、、、といつも唸らせる定番の味。

ここで頼む料理はいつも一緒。

まずは前菜の盛り合わせ。
e0335287_18343149.jpg

地元の豚肉で作られたサラミとカポコッロ。
そして豚肉の煮凝り、、、これはこの地方の伝統料理。
酸がしっかりと効いていて、暑い夏でも美味しくいただける一品。
コラーゲンたっぷり♪
そして、キアラモンテグルフィと言えばオリーブオイルの名産地。
トンダイブレア種で作ったオリーブサラダはいつ食べても美味しい。

そしてプリモは私の大好物、、、豚肉のリゾット!

e0335287_18381467.jpg
一度食べると本当にクセになるこの味、、、。
今回は少し大盛りで頂き大満足!
いつも、あとちょっとだけ食べたい、、、と思っていたのです(笑)

ラビオリ、いつもは豚肉がゴロゴロと入ったラグーで出てくるのですが、
さすがに暑いせいか、、、フレッシュのトマトで作られていました。

そしてメインは2つ。

e0335287_18411811.jpg
シンプルな豚肉のグリルと、この地方の郷土料理、豚肉のリピエーノ。

実は初めてこのお店を訪れたとき、この豚肉のグリルを食べて豚肉の美味しさに目覚めた私。
ただシンプルに、ひたすらシンプルに炭火で焼かれただけのこの豚肉、、、
甘い、そして豚肉の味がしっかりと濃く感じられ。
そこにササっと軽く絞ったシチリアレモン。
感動的に美味しかったこのシンプルな料理。

たくさん食べているシチリア料理の中でも記憶に残る一皿。

いつもは途中でお腹がいっぱいになってしまうのですが、この日は絶好調!
最後の最後までたっぷりと堪能できました。

豚肉、、、この暑い夏にはちょっと厳しいかな?と思っていた私。

「夏はね、やっぱり暑いからね。
冬と同じように作っては誰も食べられない。
だから少し軽く作るようにしているんだよ。」

とおっしゃっていたのはいつものこのおじさま。
(写っているのはお客様です)

e0335287_18475454.jpg
このお方、テキパキ、テキパキとすごい人数でも少人数でさばいてしまうスーパーカメリエーレ。
私の注文もいつもこのお方にお任せなんですが、絶妙のタイミングと絶妙の量。

同じ料理でも季節に合わせて微妙に変えていたとは、、、
初めて夏に来て、初めて知りました。
勉強になります。

暑い暑いシチリアの夏ですが、700mくらいの標高のキアラモンテグルフィ。
夜には涼しい風がソヨソヨ、、、、。
3か月ぶりくらいの涼しい夜は本当に気持ちが良くって。
お客様と一緒にピアッツァで美しいオレンジ色の街灯を眺めながらおしゃべり。
こんなひと時も旅の楽しみの一つです♪

10月にMajoreも訪問するシチリア南東部美食の旅を開催します!
10月10日~5泊6日、8月末で募集を締め切らせていただきます。
10月の美食の旅は渾身のプラン!
ご興味ある方はコメント、または下記ホームページよりお問い合わせくださいね!


==

●シチリア美食の旅をコーディネート「ラ ターボラ シチリアーナ」
http://tavola-siciliana.com/

※2015年10月10日(土)~10月5日(木)
東シチリア周遊 REIと行く究極のシチリア美食旅 5泊6日(パレルモ集合、カターニャ解散)
予約受付中!興味のある方はお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

※2016年の「シチリア美食プラン」の日程が決定しました。詳しくは下記URLから。
http://tsiciliana.exblog.jp/23492589/






by latavolasiciliana | 2015-08-10 18:55 | オソト ゴハン | Comments(0)
e0335287_258640.jpg


「シチリア時間ブログ2」ではすっかりお馴染みのサン ビート ロ カーポ。何度となく、今までのブログでご紹介してきました。青い海、白い砂浜、、、絵に描いたような美しい海岸で、4月の今、既にイタリア北部から(イタリア語のアクセント的に)バカンスに来ているグループも多くいました。

さて、美しい海はさておいて。

こんな海を見ると必ず食べたくなるもの、それは、、、

「Risotto allo scoglio(リゾット アッロ スコーリオ)」

聞きなれない名前かもしれませんが、海の幸のリゾットです。

「海の幸=Marinara(マリナーラ)」

と書かれていることも多いですが、エビ、イカ、ムール貝など、甲殻類や貝類がたくさん入った海の幸は「allo scoglio(アッロ スコーリオ)」と書かれていることが多いです。

サンビートに来るとほとんど、、、と言っていいほど、海の幸たっぷ~りのリゾットと、キンキンに冷えた白ワイン!これが私達の定番なのです。

サンビートはかつて漁業で栄えた街(というか、村だったらしいですけどね)。ここでは、非常に新鮮な魚介類が毎日水揚げされます。なので、どこのお店に入っても、海の幸系は大体美味しく。

今年2回目の日本から戻ってきた私。翌日はすっごく天気も良く、久しぶりに青い海を見に行きたくなった、、、そして海の幸たっぷ~りのリゾットが食べたくなった!で、行ってきた!

e0335287_3113155.jpg


じゃ~~~ん!!!

こ、これ、、、、2人分(苦笑)←思わず本当に笑ってしまった、、、、。

取り皿、これ、小さな取り皿ではなく、普通のパスタ皿です。ここには既に軽く1人前くらいの量が乗っているんですけど、、、まだまだ残っているリゾットの量(汗)そして、米の量に負けないくらいの海の幸の量、、、、(汗)ははは~、笑うしかない!(笑)

キンキンに冷えた白ワインと4人分くらいはあろう海の幸のリゾット、、、、がんばって2人で完食。うぇっぷ。

幸せ~~~❤ 、、、、 という気分も通り過ぎ、苦しかったです(笑)

ちなみにサンビート。ここ数年で物価が急高騰。私がトラーパニに来た8年前は、リゾット2皿+ワイン1本で30ユーロちょっと(約3900円)でした。今日のお会計はリゾット2皿+ハーフワイン1本で42ユーロ(約5500円)。1ユーロ130円で計算すると高っ!ここのところ1ユーロ=100円だと思って計算していたので、こうして改めて計算してみるとやっぱり物価高し、サンビート。というか、8年前も決して安かったわけではないのですね~。

まぁ、物価高くてもこの美しい海とたらふく食べられるリゾット、、、決して損した気にはならないのが不思議なところ。

真夏になると人がワンサカ押し寄せるサンビート。今の季節が人も少なく海も美しく♪ 地元民ならではの特権を楽しむぞっ!
by latavolasiciliana | 2013-04-23 20:19 | オソト ゴハン | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana