ご褒美旅行はニュルンベルグへクリスマスマーケットの旅 vol.2 ~ ニュルンベルグ到着!空港から街への移動とホテル

パレルモからビューンと飛ぶ事約2時間。
あっ!という間に南の島から、北のおとぎの国へ一直線!
ニュルンベルグ空港到着。

いつもは旅に出るとレンタカーを借りてウロウロするのですが、
今回はもしかして雪が降るかも、、、、ということでレンタカーはなし。
電車で移動することにしました。

クリスマスマーケットの話題の前に、自分の備忘録としてニュルンベルグ空港から街への行き方と、
ホテル情報を書いておこう。


e0335287_01454818.jpg

空港を出るとすぐに地下鉄の券売機があります。
前に並んでいたのは皆、パレルモから一緒に乗って来たイタリア人。
画面はドイツ語のまま、皆、前の人が買ったように画面をタッチしていく、、、(笑)
一番上を2回タッチすると、枚数が出てきて。
自分の番になってみると、イタリア語マークもあったので変換。
一番最初の一番上はなんなんだろ?と思っていたら、「Corso Semprilice」、つまり1回乗車券。
なるほど。
二番目に表示されたのは行先のゾーンを選ぶもの。
えっと、なんと表示されていたかは忘れたけれど、とにかく一番上をタッチ。
それがニュルンベルグの中央駅に行くまでのゾーンらしい。
空港から中央駅まで片道3ユーロ@おとなひとり。

ニュルンベルグ空港から中央駅まではU2という地下鉄に乗って15分くらい。
結構頻繁に出ている模様。
入り口で刻印をお忘れなく。

ホテルは雪の中、スーツケースを持って移動するのも嫌だったので、
駅前にある「パークプラザ」に。


私自身は、古い建物のプチホテルが好みなのですが、同行者の好みはモダンで快適なホテル。
旅の行先はほとんど私が決めてしまうので、せめて宿くらいは好みに合わせてあげるか、、、ということで、
宿泊はいつも快適なシティホテルを選びます。

e0335287_01413624.jpg


このホテル、部屋に電気ポットとコーヒー&紅茶もあり、ベッドも寝やすい固さ。
部屋も広くはないけれど狭くもなく。
バス&トイレがちょっと狭かったのが難点。
朝ごはんは甘いパンの種類は少なかったけれど、チーズ、ハムを始めしょっぱい系は充実。
それも合わせれば、立地も良いし、コストパフォーマンスの良いホテルかと。

e0335287_16512922.jpg


ただ、1つだけ気になる点が。
掃除の時間が遅い、、、っ!
2日目は14:30ごろに一回部屋に戻ってきたら、まだ掃除がされていなくて。
掃除のおばちゃんに、いつ頃なの?と聞いてみたら、あと2時間後くらい?と言われ(汗)
寒かったし、部屋で一回ゆっくりしたかったので、その場ですぐに掃除してもいました。
翌日は、朝出ていくときに、2時くらいまでに掃除しておいてね~、とフロントに言っておいたのですが、
戻ってきたらまだ掃除されていないー。
で、またおばちゃんに直接言って掃除をしてもらい。
(放置しておいたら、掃除が終わるのは18:00くらいだった模様。)

小さなことですが、意外と気になる掃除の時間。
仕事の時は途中で部屋にはほとんど戻らないので、気になりませんが、
寒い地方に旅する時には寒がりの私としてはずっと外にはいられない、、、。

掃除の件さえなければとっても良いホテルだと思ったのですが、ちょっと残念。

ちなみに駅の横の道には、NOVOTEL、Holiday Inn、NH、などなど、、、ホテルが並んでいますが、
クリスマスマーケットから意外と遠いかも。
ニュルンベルグは街の真ん中にはホテルが少なく。
私が宿泊したパークプラザは駅を出れば目の前に見えるほどのド真ん前なのですが、
そこからクリスマスマーケットのある広場までは徒歩約15分。
街を散策し、クリスマスマーケットを見て帰ってくると、
帰りの道のりは結構遠く感じました。
駅の横のホテルはパークプラザから更に5~10分歩く訳なので、、、。
夏の時期ならいいかもしれませんが、冬は寒い!

と、個人的な感想でした。

ホテルにチェックインして、いよいよ街に繰り出しまーす!


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


Commented by africaj at 2017-12-22 20:34
良かったー。先週今週忙しくて、なんでREIちゃんがシチリアにいないのかわかってない上、
まさか一人で来ちゃってるんだろーかと心配になったけど、
モダン好きな同行者ちゃんといたのねw
楽しそー♩体力あるなー。
Commented by latavolasiciliana at 2017-12-27 23:36
★africajさん>はははー、ヤツはどこでもついてくる尻軽男だからね(笑)
ドイツでソーセージ食べまくり、ビール飲みまくったぜ!!
でも、、、つくづくシチリア料理の多様性を思い知った旅でもあったわん。
日本から帰って疲れが溜まっていたらしくしばらくぼんやり。
そして旅で又疲れて、またしばらく休んだよ(爆)
体力減少傾向!でもそんな体とも楽しくお付き合いするぜ!
by latavolasiciliana | 2017-12-20 16:44 | 2017ニュルンベルグへクリスマスの旅 | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana