シチリア 家づくり日記 ~ シチリアでの家探し その2

家づくり日記、間が空きましたが、、、前回は、家探し第1弾。


気に入った家を逃した!というところまで書きました。

1年かけてやっと探した気に入った物件がダメになり、、、気を取り直してまたイチから探す事に。

細かい条件はたくさんあるものの、絶対に譲れない!という条件は、、、

・旧市街から近いところ(車で15分圏内)
・眺めがよい
・緑がある
・ゴミゴミしていない
・買い物しやすい

こんなとこかな?

間取りは買った後に変えることもできるので(いわゆるリノベーション)、まずは立地条件が一番の条件。
尚且つC氏は毎日、お昼ごはんを食べに帰ってくるし、突然オフィスにいかねばならないことも多々あるため、
旧市街のオフィスから帰ってきやすいところ、これが最優先でもあり。

今度はアパルタメントのみならず、一軒家も探してみる事に。
しかし一軒家、あまりにも古い家は修復にすごい時間がかかるが故(5年とか、、、)、そこそこ新しい物件で。
と思ったのですが。
ここ数年、ミニサイズの一軒家も多く建っていますが、少し前まではこの辺の一軒家って巨大で。
300平米、、、とか普通に出てくるんですが、、、。
そんなに大きな家は掃除が大変だから困るんですけど、、、、(笑)
なかなか手頃のサイズの家が出てこず、、、そこで目を付け始めたのが新築物件。

新築物件はまだなーんも建っていないところに、これから建つ予定の家を図面だけ見て契約するので、
できた家を買うより相場も少し安く。
でもね、まだ建っていないから、これから何が起こるかわからない、、、最後まで家が建つかどうかもわからない、、、不安要素もあり。
ただ、この時点なら、まだ間取りも変えることができるし、融通はきく、、、。

ということで、中古アパルタメントと新築一軒家を中心に探す事に。

新築アパルタメントを候補から省いたのは、思いのほか高かったから。
トラーパニの中古アパルタメントは120平米が平均でしたが(ちなみに前住んでいたアパルタメントは140平米でした)、
最近は90平米~110平米くらいが中心。
その割には、新築一軒家に近いくらいの相場。
だったら、土地もある一軒家の方がいいのでは?と。

そんなこんなで改めて家探しが始まりました。

一軒家はどうやって探すかというと、、、やっぱり車で走りながら探す(笑)
一軒家が建っているのはトラーパニ郊外。
かつては田園だった土地を、ここ30年くらいで開発している新しい住宅地がある辺り。
中でも、人気な地域が2つあって。
1つはパレルモに向かう方向に出来た高台の塩田の風景が一望できる地域。
もう1つは、トラーパニの海岸沿いに広がった海の近くの地域。

それに中古のマンションも合わせて、、、探しましたよ1年間。

そして最終的に選んだ土地がここ!

e0335287_16505081.jpg

まだ何もない、、、(笑)

選んだのは海の近く。
後ろに見えるのはエリチェの山。
ここには全部で9軒の家が建設される予定でした。
間取りは変更可能だけど外観は全部一緒、、、ということで、そういう家は嫌だなー、、、、と思っていたのですが、
トラーパニの人達に聞いてみると、

「1軒だけポツリと建っている一軒家は空き巣が入るよー」

とのご意見。

ご近所さんがいた方が安全とのこと。

それもそうよね、、、。

ここは海からも近く、旧市街までは海岸線をぶっ飛ばせば5分で到着という好立地。
前のアパルタメントからもそう遠くないので、買い物するお店も一緒。
街の中に居ながら田舎気分が味わえる、、、ほぼ私達の希望は満たしている唯一の物件。

ここに決めた!!

この時点で2013年秋。
家を探し始めてから2年でした。
早いのか、遅いのか、、、わかりませんが、とにかく決まってよかったー!

1人で家を買うならば、自分が気に入ればいいので早く決まりそうな感じもしますが、
2人だと本当に大変でした。
田舎好きな私と、新しいものが好きなC氏。
好みは真逆(笑)
お互い身の回りになかったものを求めた、、、そんな2人が納得できた唯一のオウチでした。

さて、ようやく家は決まったのですが、、、ここからが長かった、、、、。

家づくり日記はまだまだ続く(笑)



by latavolasiciliana | 2017-05-10 17:01 | シチリア 家づくり日記 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana