聖木曜日は教会巡り ~ パスクワ(復活祭)前の夜のお散歩

e0335287_16525868.jpg

昨日水曜日の夜のお散歩に続き、木曜日も夜のお散歩。

金曜日の大行進の前夜、木曜日の夜。
教会にはセポルクリと呼ばれる、キリストの聖体安置所が作られます。


そのいわれは、↑のエントリーからご覧ください。

敬虔なキリスト教徒達は明日の大行進の前日、このセポルクリを見るため、そしてミサに参加するため教会に行きます。
私達も夕食を家で食べた後、トラーパニの街へ。

セポルクリは「奇数見なければならない」と言われています。
それも最低3つ。

さて、まず向かったのはカテドラーレ(大聖堂)。
中に入ってみると、、、

e0335287_16561882.jpg

わかるでしょうか、、、長蛇の列。


e0335287_16583021.jpg

パンはキリストの身を、杯に注がれた赤ワインはキリストの血をあらわします。
後ろにある絵は最後の晩餐。
そう、聖木曜日は最後の晩餐が行われた日。
そして翌日、金曜日に十字架にかけられます。

2つ目はこれも旧市街のサンピエトロ教会へ。


e0335287_17024006.jpg

セポルクリは教会によってそれぞれ。

どこでも一緒なのは、パンとワインがあること。
そしてミサが行われている事。

そして次は新市街のアヌンツィアータ聖所記念堂へ。
ここは私達は「マドンナの教会」と呼んでいる通り、トラーパニのマドンナが祀られている場所。
正確には教会ではなくサンクチュアリーです。
トラーパニ市民に愛されるマドンナ、ここの教会は人がいっぱいいるだろうな~、、、とは思っていたんですが。
行ってみたら外にまで列ができていました。


e0335287_17070960.jpg

ん?ここの空間、入ったことが無いような。


e0335287_17085808.jpg

非常に美しいセポルクロ。(セポルクリ(複数)⇒ せポルクロ(単数))

どこの教会も、神聖な空気に包まれ。
観光客はほとんどいない(というか、いない)ので、写真を撮ることさえはばかられる雰囲気です。
と言いながら、私は撮ってしまいましたが、、、、(苦笑)

このセポルクリの前にいる時間は皆ほんの少し。
祈りを捧げるというより、軽くご挨拶程度な感じ。
なので列ができていても比較的早く順番が回ってきます。

こうして1日1日、パスクワに備えていく敬虔な信者達。

そして今日はついに聖金曜日。

復活祭の大行進があと4時間後に始まります。


もちろん私も見に行きます!




by latavolasiciliana | 2017-04-14 17:13 | トラーパニの風景 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana