8月16日はマドンナの日@トラーパニ

e0335287_16200131.jpg


8月16日、それはクリスマス、パスクワ(復活祭)と同じくらいトラーパニの街が盛り上がる日。

何故って??

それは「マドンナのお祭り」だから。

イタリアには毎日、その日の聖人がカレンダーに刻まれていることは、
このブログでも何度も触れてきました。
そして1年に1回、その街の守護聖人の日があって、その日は祝日になることも。
でもトラーパニはダブル聖人の街とも言われていて。
8月6日のSant'Alberto(サン アルベルト)が守護聖人の日なトラーパニ。
でも8月16日は「トラーパニのマリア様の日」として正式な祝日ではありませんが、
トラーパニ市民の中ではほぼ祝日扱いの日なのです。

e0335287_16211351.jpg
トラーパニの街では8月15日になると「Quindicina(クインディチーナ)」といって、
8月16日のマドンナの日に向けた15日間のお祈りが捧げられます。
敬虔な信者はこの礼拝が行われるサンクチュアリーまで毎日徒歩で通うのです。

街に住んでいる人は毎日歩けますが、遠い村に住んでいる人はさすがに毎日は厳しく。
そんな人達は8月15日の夜、一晩かけて16日の朝早くの礼拝を目指して歩きます。
この習慣は今でも普通に残っていて、15日の夜は暗い車道をたくさんの人が歩いています。

今年で11回目のトラーパニの夏を迎えるのですが、私、この日にサンクチュアリーに行ったことない、、、。
多分、毎年天気が良いからきっと海に行っていたのですが、今年は天気がぐずつき。
朝、急に思い立ってサンクチュアリーに行ってみることに。

e0335287_16263610.jpg

朝の礼拝は中に入れないほどの満員御礼。
でもここはサンクチュアリーの教会。
マドンナは奥にある別のチャペルにいます。

礼拝を退散してマドンナへ向かう!
けどここにも長蛇の列、、、並ぶこと1時間。
ようやくマドンナに接近!

e0335287_16292803.jpg
マドンナは囲いの中に、、、。

そしてようやくお目にかかれたマドンナ様。

e0335287_16314982.jpg
皆さん、マドンナの顔って意識してみたことありますか?
街によってそれぞれ違うマドンナの表情。
トラーパニのマドンナはとっても穏やかな顔をして微笑んでいて癒される、、、。
とっても美人さんとウワサなのです(笑)

マドンナは一周できるようになっていて、裏側からは後ろ姿に触れられるようになっています。
皆、マドンナに触りながらそれぞれ何かを祈っているのでしょう。

この日の夜、マドンナは旧市街にあるカテドラーレに運ばれ、夜の街を練り歩きます。
そしてカテドラーレに戻った0:00、港沿いで花火が上がるのです。
盛大な行進が行われるパスクワに続いてトラーパニ市民のキリスト教への信仰心が強く感じられる1日です。

花火は例年30分以上遅れて始まるのですが、、、ことしはなんと0:00ほぼぴったりに始まった!
例年、港まで見に行くのですが、今年は待つのが嫌で、、、、
家のベランダから眺めたのですが、
こんなにぴったりに始まるなら来年は見に行こうかな?

ちなみにマドンナは通常も公開されています。

●アヌンツィアータ聖所記念堂
Via Conte Agpstino Pepoli, 179

旧市街から歩いて30分くらい。
隣にある州立ペポリ博物館もおススメです。




==

●シチリア美食の旅をコーディネート「ラ ターボラ シチリアーナ」
http://tavola-siciliana.com/

※2015年10月10日(土)~10月5日(木)
東シチリア周遊 REIと行く究極のシチリア美食旅 5泊6日(パレルモ集合、カターニャ解散)
予約受付中!興味のある方はお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

※2016年の「シチリア美食プラン」の日程が決定しました。詳しくは下記URLから。
http://tsiciliana.exblog.jp/23492589/




by latavolasiciliana | 2015-08-19 16:41 | トラーパニの風景 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana