アラブの香りがプンプンする街 Mazara del Vallo(マザーラ デル ヴァッロ)

e0335287_5494417.jpg


↓下のエントリーの街、マザーラ デル ヴァッロは、イタリア、、、というよりアラブの香りがプンプンと漂う街。

教会のクーポラを見ても。

e0335287_5522533.jpg


街中のタイルを見ても。

e0335287_553545.jpg


元モスクもあって。

e0335287_5551977.jpg


トラーパニもかなりアラブの影が見える街なのですが、
マザーラ デル ヴァッロはそれ以上。
とにかく街中を歩くだけでも、アラブ人がここを支配していたであろうことがヒシヒシと感じられます。

そもそもシチリアはほとんどの街が少なからずアラブの影響を受けていて。
でもその後やってきたノルマン人、スペイン王朝の時代に多くの建物がバロック様式に建て替えられました。

マザーラ デル ヴァッロはチュニジアに近いせいか、
かなりのチュニジア人が今も住んでいるため、アラブの雰囲気がまだまだ残っているのでしょう。

写真はないのですが訪問した施設の方々がアラブ人が作ったという迷宮のようなアラブ地区を案内してくれました。
細いくねくね道は、戦いの時に投げられた槍がまっすぐ飛んできて人間に当たらないように。
一見道にみえる袋小路は、敵がやってきた時に騙されて袋小路に追いつめられるように。
かなり複雑な街つくりでした。
案内なしでは迷います。。。

でもそんな細い道を海の方に抜けると。。。

e0335287_634065.jpg


美しい海を眺めながらのお散歩道が広がります♪
海沿いにはレストランが並び、真っ青な海を眺めながら食事をすることができます。

この町なんでもかつて100個の教会があったほど栄えていたそうで。
旧市街、確かに数十メートル置きに教会があり。
隣り合ったり向かい合ったりする教会もあり。
7つも教会がある通りはVia Sette Chiesa(7つの教会通り)と呼ばれているらしく。
数回来たことのあるマザーラ デル ヴァッロですが、
いつも日曜日だったせいか、あまり教会を見たことがありませんでした。

施設の方が案内してくださったサンフランチェスコ教会。

e0335287_610592.jpg


iPhone撮影が故、少しボケていますが、こんなに素晴らしい教会があって。

そしてこの教会の地下には、なんとローマ帝国時代の隠れキリシタンのお墓がありました。

e0335287_612553.jpg


この街、ちょっと面白そう。

今回はあまり街を見る時間がありませんでしたが、
また今度ゆっくりと街を散策しに行きたいな~、と思うのでした。

ガイドブックには書いていない地元民情報に感謝!

さて、また明日からお客様がやってきます!
今回もご満足いただけるようがんばりま~す!
by latavolasiciliana | 2015-05-15 06:16 | シチリア散策♪ | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana