遠く日本から、、、シチリアを助ける運動

e0335287_04492348.jpg
今日は通訳の仕事でMazara del Vallo(マザーラ デル ヴァッロ)という街に行ってきました。
お声をかけていただいたのは本厚木にあるシチリア料理のレストラン、
Fico di India(フィーコディインディア)の方々から。

Fico di Indiaでは去年から、ひょんなことからMazara del Valloにある、
恵まれない子供たちへの施設の募金活動をはじめたそうです。
その寄付金を持って施設に行きたい、、、という事で私を通訳として呼んでくださいました。
その施設はCasa di Comunita' Speranzaという、
チュニジア人やユーゴスラヴィア人の移民の二世や三世の学校の勉強を助ける施設でした。
子供たちは昼間は普通に学校に通っています。
シチリアの学校はほとんどが給食がなく、お昼前(13:30ごろ)には終わってしまうため
宿題が山ほど出るのです。
通常、お父さんやお母さんが宿題のお手伝いをしたり、
ゆとりのある家庭は家庭教師を付けたりするわけなのですが、
移民の彼らには宿題を手伝ってくれる人がいません。何せ彼らの両親は移民。
イタリア語での宿題は難しい。。。
そこで、この施設でプロフェッショナルな先生方がボランティア活動として
子供たちの宿題を一緒にやる、という訳です。

そしてこの施設では勉強も然ることながら、スポーツや団体行動を通じて、
人としての在り方、社会との交わり方、など、麻薬や暴力に走らないように
子供達を教育していきたい、と言っていました。

スポーツ教育の一環として、、、なんとブレイクダンスを披露してくれた子供達!
e0335287_05030732.jpg
他の子供達もヒューヒュー言いながら応援。
e0335287_05051588.jpg
なんだかすごく微笑ましい光景でした。
e0335287_05094554.jpg
ダンスを一生懸命なまなざしで見守るフィーコディインディアのマネージャーさんとシェフ、
そしてスタッフの皆様。
みなさんとっても素敵な笑顔!
この後、施設のスタッフの方々が街の旧市街、ほとんどチュニジア人が住んでいる地区を案内しながら
街の歴史や移民の現状を色々と語ってくださいました。

最後に寄付金の授与、けん玉や折り紙など、、、日本から子供達へのお土産の授与。
e0335287_05321773.jpg
けん玉に挑戦!
そして施設の方々からはお礼にシチリア菓子が振る舞われ。
最後は子供達もすっかり心を開いた感じで訪問終了しました。

最後に記念撮影、、、、一歩手前(笑)

e0335287_05345993.jpg
Mazara del Valloはとにかくチュジニア人がたくさん住む町。
割合で言ったらトラーパニの比ではないくらい。
外国人コミュニティにはイタリア人コミュニティとは別のたくさんの問題があります。
それを少しずつ解決していこう、と頑張る施設のスタッフやシスターパオラ(一番上の写真の方)は
チュニジア人家庭にとっては本当に心強い存在だと思います。
そして何といっても遠い日本から、、、、
この施設のために募金活動を始めたフィーコディインディアの皆様。
本当に素晴らしい試みだと思います。


フィーコディインディアではお昼の売り上げから10円@1人、
夜の売り上げから20円@1人として募金。
そのほか、お店に募金箱を置いてお客様からも募金をしていただいているそうです。
ということはお店に行くだけでも、間接的に募金に参加していることになります。
皆さんもおいしいシチリア料理を食べながら、募金に参加してみませんか?

フィーコディインディアのホームページはこちら↓
http://ficodindia.jp/

残念ながら私は食べに行ったことがないのですが、
私の食仲間の間ではもっぱら評判のシチリア料理店です。
私も今度日本に行ったら是非訪れてみたいと思っています。

人を助ける活動って色々とあるんだな~、、、、と心から思った今日。
私も自分ができる小さなことから何か始めてみようかな。




Commented by idu3 at 2015-05-25 07:46 x
私も大好きでお世話になっているシチリアに対してこんなに素晴らしい活動をしておられるお店があるのを知れば、もうこれは電車を乗り継いででも行くしかないと、予約をして日曜夜出掛けてきました。
シチリアそのまま厨房には活気があり、客席は7時半過ぎには満席、スタッフも親切でシチリアのお話も伺えました。
場所柄か曜日からか家族連れが多かったのがシチリアらしかったです。地元でも愛されているのでしょうね。
春のシチリアそら豆が食べられて幸せでした。
「土佐小夏と鯖のコンフィのサラダ」は最高、この時期でもエゾジカがありタリアータは牛肉より旨みがありました。
ただ、イワシ団子のトマト煮は我々には少し甘すぎて残念、
Wマンマの牛肉団子のトマト煮調理中に砂糖が入った時は驚いたもののそれ程甘さは感じなかったのですが・・・。
遠いですが、丹沢を歩いた後にでも寄りたい店です。
ご紹介ありがとうございました。
Commented by latavolasiciliana at 2015-05-25 23:11
★idu3さん>こんにちは!
ブログを見てお店に行って下さったのですね、ありがとうございます☆
彼らの活動、本当に素晴らしい!と思うんです。
お店のスタッフの方々はみなさんシチリアで働いた経験があって、それぞれにシチリアから何かをもらったお礼に、そしてご縁があってここの施設と巡り合って、募金活動を始めたそうです。
心はあっても行動に移すのはなかなか難しいこと。
彼らの行動力に大きな拍手を送りたいです。
そしてidu3さんのようにお店を訪れて下さるのも本当に嬉しい!
idu3さんにも感謝!です。
by latavolasiciliana | 2015-05-14 05:36 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana