まだまだ日本に紹介されていないシチリア

先週末、4月5日のドルチェ本出版記念イベントで皆さんに試食していただくドルチェの買出しでモディカまでひとっ走り往復800キロの旅をしてきました。

お客様と一緒に行くことはここのところ増えたシチリア南東部ですが、そのせいもあってプライベートではほぼ行かなくなってしまいました。今回は、「お菓子を仕入れる」という事以外は予定の無い気ままな旅だったので、向かう途中、プラプラと今まで気になっていたところに寄り道。

まず立ち寄ったのは「Scala dei Turchi(スカーラ デイ トゥルキ)」。直訳すれば「トルコ人の階段」。アグリジェントの近くにある真っ白な石で有名な海岸です。

e0335287_19522628.jpg


この辺は石灰石が広がるので石も白っぽい。海の色から見ても海の下の岩の色が白いことがわかります。夏の紫外線でみるとこの石、もっともっと白いそうです。この日、天気が悪かったわけではないのですが、一瞬の曇り空で白さはイマイチでした。真夏に戻ってこよう!と心に決めて、海岸まで降りずに上から見て退散。

次に向かったのは、パルマ ディ モンテキアーロ。この街、何があるかは知りませんでしたが、道路沿いから見ていていつも気になっていた丘にある街。美しい教会が道路から見えるのです。街に着くと、、、

e0335287_19572125.jpg


おお!これが私が下から見ていた教会だ!

e0335287_1958235.jpg


古い町並みが渋い。しかし、このBar、土曜日の13:00頃、、、ドォーモの下にある中心の広場にあるBarなんですが閉まってる(^_^;) というか人がいないな~、この街。階段下に見つけた「i」のマーク。(インフォメーションです)とりあえず中に入ってみると、、、

「教会は今しまっているけれど、この建物は見学できるよ。昔の貴族の建物でね。今、案内してあげるよ。」

と、インフォメーションのおじさん。ガイド付きで見学してきました(笑)

e0335287_2022669.jpg


どうやらこの街は、ジュゼッペ ディ ランペドゥーサの書いた「Gatto Pardo(ガット パルド、日本題は”山猫”)の舞台となった街らしく。ジュゼッペ ディ ランペドゥーサの一族@貴族が住んでいた街だったそうです。建物の中には彼の一族に関する資料や写真がいっぱい展示されていました。この一体はスペイン統治の影響を強く受け、そしてキアラモンテ一族(シチリアの有力貴族)の息のかかった土地でもありました。

e0335287_20984.jpg


すべての部屋の天井は木で施され、それぞれの部屋のテーマにちなんだ細工や絵がかかれていました。面白かったのはこれ。

e0335287_20111760.jpg


一部残った当時(1600年代)のタイル。これ、実物を見ると3D効果で箱が飛び出て見えるんです。目がチカチカする(笑)今では3Dって驚きもしませんが、400年以上前、タイルを3Dにする、、、というのはとってもアバンギャルドな発想だったそうです。でも、家の床が飛び出て見えたらやっぱり目が疲れそうだ(笑)

さて、突然ガイドさんのおかげで思いの他、楽しめたパルマ ディ モンテキアーロを後にし、一気にラグーサまで200キロ!

e0335287_20171422.jpg


ここも本当に久しく訪れていない場所。ラグーサ アルタのドォーモ。ラグーサも、モディカも、ドォーモは2つあります。上の街と下の街(ラグーサはイブラと呼びます)に1つずつ。ここはラグーサの上の町のドォーモ。この地域のバロック様式の教会の典型でもあるドラマチックな階段の上にあります。

e0335287_20202660.jpg


やっぱり美しい教会内部。白が基調なのでとってもエレガント。バロック様式らしく細かい細工で教会内部全体が覆われていました。

そして目的地のモディカへ、、、っ!

シチリア西部は随分攻めましたが、シチリア全体で言えばまだまだ行った事が無い場所もたくさんあって。昔は街と街の交通手段は馬車や徒歩。それが故に、たったの50キロしか離れていない街でも違う歴史をたどってきました。シチリア歴史=侵略の歴史と言ってもいいくらい、色んな民族が通り過ぎていったシチリア。小さな街を訪ねてみると、その歴史がどんどん繋がっていってこれまた面白くって。

今日、ここで書ききれなかった歴史も、夏に再訪した時に改めてアップしようかな。

日本でも全く紹介されていないシチリアの小さな街、まだまだたくさんあります。やっぱり奥が深いな、シチリアは。
Commented by africaj at 2014-04-03 18:02
モディカのドルチェ、最後に出てこんのかーいっ。日本にわざわざ持っていくドルチェ、どんなのか見たかったなー。あ、内緒なのかな?(笑)
3Dタイルすごい!。これ、色の濃淡、全部手描きよね?
奥が薄くて手前が濃いようにわざわざ考えて塗ってるのかな。
いや、イタリアだから案外偶然だったりする?(スペイン人だとそういうことありえる 笑) 面白いねー。
Commented by latavolasiciliana at 2014-04-22 16:50
★africaさん>返信が遅くなってごめんっ!
モディカのドルチェ、イベント楽しみにしてくれている方々がいたからね~。出し惜しみ(笑)また今度ね!
3Dすごいでしょ~?全部手描き。全体的には昔の手描きを模倣して、新しく手描きで作られたタイルで覆われていたけれど、昔のタイルのほうがグーっと飛び出して見えるのよね。おそらく感覚的なものなんじゃない?計算しているとはシチリアも思えんが(笑)

by latavolasiciliana | 2014-04-01 20:14 | シチリア散策♪ | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana