レンタカーでアンダルシアを一周!

e0335287_5433567.jpg


1週間のヴァカンスが終わりトラーパニに戻ってきました。戻ってきたシチリアは、、、湿度が高い(涙)アンダルシアって暑いけど湿度がすごく低くかったんです。だから暑くても耐えられるけれど、今日のトラーパニは80%を超える湿度。ここは日本ですか、、、?というくらい蒸し暑い(汗)出発前はまだ気持ちの良い気候だったのですが、1週間で蒸し暑い夏がやってきた、、、という感じです。

さて、ずーっと行きたかったスペインのアンダルシア地方、1週間と短い旅行でしたがレンタカーを借りてアンダルシアをほぼグルリと1周してきました。自分の旅の記録のためにも1週間のスケジュールを。

1日目:パレルモ空港出発 ローマ経由にてマラガ空港へ → レンタカーでグラナダへ(約130km) <グラナダ/NHVittoria泊>
2日目:午前 アルバイシン地区を散策/午後 アルハンブラ宮殿見学 <グラナダ/NHVittoria泊>
3日目:グラナダからセビリアへ移動(約260km)午後 アルカサバ見学 <セビリア/IMG AlfonsoX泊>
4日目:午前 セビリア大聖堂見学 セビリアからヘレス・デ・ラ・フロンテーラへ移動(約100km) <ヘレス/Hotel Jerez泊>
5日目:午前 ワイナリー見学 午後 ホテルにてSPA <ヘレス/Hotel Jerez泊>
6日目:ヘレスからトロックスへ移動 <トロックス/PLYA MALAGA泊>
7日目:午前 フリヒリアナ観光 午後 ホテルにて<トロックス/PLYA MALAGA泊>
8日目:マラガ空港出発 ローま軽油にてパレルモ空港へ

こうしてみると意外とハードだったような今回の旅。テーマは「シチリアのルーツを探索」で、海でのんびり~、ではなかったので、こんな工程になったわけですが、4日目までは本当に忙しかったっ!夢にみたアルハンブラは予想を上回る大きさだし、最初の3日間は気温も40度近くあって暑かった、、、。セビリアはグラナダ以上の大都市で、1泊では全く足りないくらいでした。ここまではひたすら歩く、歩く、歩くっ!シェリー発祥の地ヘレスに着いてからはホテルもプール付きリゾートタイプで、ちょっとのんびり、そして最後の2泊は海辺でゆっくりするために海近くのホテルを予約しました。これがまた予想外のメガホテルでビックリしたんですけどね、、、、(苦笑)

ホテル選びはレンタカーでの移動だったので、基本的に駐車場があるところ。本当は旧市街のアンダルシアっぽい(つまりアラブっぽい)古い建物に泊まりたかったのですが、だいたいそういうところは車が進入禁止のところにあったり、駐車場がなくてホテルから離れた場所に車を停めて歩いていかなければならなかったり、、、。知らない土地なので泣く泣く諦めたのですが、、、正解でした。グラナダの旧市街アルバイシン地区は車が入っていけない道も多く、入っていけたとしても絶対迷ってた、、、。セビリアは旧市街の中のホテルだったのですが駐車場付きで良かった、、、、さもなければ公共の駐車場は遠いっ!レンタカーでの移動は街と街の間の移動も時間に束縛されることなく、重い荷物を持ってバス停まで歩くこともなく、便利は便利なのですが、ホテル選びは慎重にしないと、、、かえって厄介な事にもなりかねません。今回はいずれのホテルも激しく迷う事なく到着できたし、駐車場もすぐ近くにあったし。良かった良かった。

今回の旅で一番気に入ったのはグラナダかな~。街はアラブの雰囲気を醸し出していたし、とっても活気があって、何と言ってもアルハンブラ宮殿、、、ここは素晴らしかったっ!今回は午前にアルバイシン地区、午後にアルハンブラ、そして気温は38度、、、この1日はさすがにヘトヘト。全部をゆっくりと見る事ができませんでした。いつかもう1回戻ってみたい場所リストに追加です。

そういえば、レンタカーについても一つ学習した事が、、、それはレンタカーにもローコストがあった事っ!Auto Europeという色々なレンタカー会社が予約できるレンタカー予約サイトで「RecordGO」という会社を予約したのですが、、、、ここ、正直いってオススメできません。比較的料金が安いため、マラガ空港の窓口にはズラ~~~と長蛇の列!今まで見たこともないような長~~~い列でした、、、、そして待つこと1時間半、、、、やっとレンタカーできましたが、長かった、、、、。並んでいる間、他のレンタカー会社にも料金を聞いてみたのですが、窓口で直接予約だと結構高く。(ネットのほうが確実に安いんです。)時間も早めだったので気長に待ちました。カウンターで目にしたのは「Low Cost」の文字、、、ゲ、レンタカーにもローコストがっ!料金が安いのはいいのですが、この会社、ガソリン先払い、しかも満タンで90ユーロと高い、、、。ちなみにスペインは1,5ユーロ/1Lくらいでした)ガソリン満タンを先に支払って返却するときには空でいい、というシステムなのですが、使っても使わなくてもその分先に支払わなければならない訳で。私達も途中、心配だったので給油しましたがやっぱり最後まで使い切らず。まさにローコストの手口、、、って感じです(笑)そして、保険。これも分かりにく~~~い場所に「保険ナシ」と書かれていました、、、、ヤラレタ(苦笑)まー、元々破格に安かったので、何かあるかな、、、?とちょっとは思っていたし、大きな被害(?)にあったわけではないのですが、やはり知らない会社は気を付けたほうが良いのでした。

そうそう。今、アンダルシア地方はひまわりの季節♪セビリア~ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ、この近辺で真っ黄色なお花畑をたくさん見ました♪まだまだ花が咲いていないひまわり畑もたくさんあったので、季節はまだまだ続くのでしょうね。とっても美しかったです。

一つ一つの場所でそれぞれ新しい発見をした今回のスペイン・アンダルシア旅行でしたが、明後日からお客様がいらっしゃいます。7月に入ったらゆっくりとブログにアップしていきたいと思います。
Commented by africa at 2013-06-23 15:43 x
お疲れさまー。私が初めてスペインに行った時みたいな頑張ったプランだわー。以後は、セビージャ一泊二日なんてそんな足が痛くなるプランはせんな(笑)
ひまわり、綺麗だったでしょ。グラナダが一番気に入ってもらえてうれしいよ。そう、私もスペインを南北にZ型に全部見て回って、やっぱりグラナダを選んだの。異国情緒と住みやすさが格別です。アントの建てたピソ、見かけたかな?アルバイシンのお茶屋街にある、絵で描かれた窓が面白いピソ。観光客によく写真撮られるんだよ。
Commented by latavolasiciliana at 2013-06-24 16:35
★africaさん>Z型、、、、とは、マドリッド→バルセロナ→セビリア→グラナダ、、、みたいな感じ?いや、africaさんのことだからもっと壮大なはずだ(笑)私はね、きっと色々な民族が足跡を残して文化の交差点みたいな場所が好きなんだと思う。そういう意味では、ウィーンとかトリエステも好き!でもやはり何故か惹かれるのはイスラム文化。華やかな煌びやかな宮廷社会と、一般の人達の影の社会、、、(特に女性)、なんかすっごく興味深くもあり。
アントのピソ?先に言ってくれれば探したのにー、残念っ!グラナダにはカテドラーレの近くとかにも絵が描かれた建物がたくさんあった。あれ、リグーリアにもあったりするんだけど、なんかつながりあるのかなー。
by latavolasiciliana | 2013-06-23 05:52 | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana