活気あふれる!カターニャの魚市場(ペスケリア)を散策する

e0335287_15211031.jpg


シチリアで2番目に大きい都市カターニャ。

現在も噴火を続ける活火山エトナ山がすぐ近くに控えるカターニャ。街の建物は火山石で出来ているため、寒い暗い冬の日に行くと、シチリアなのによもや暗~い印象を受けがちなこの街ですが、ドォーモ広場の裏側に広がる魚市場(ペスケリア)、ここの熱気だけはいつ行ってもすごく。

新鮮な魚が所狭しと並びます。

e0335287_15232452.jpg


最近、トラーパニの魚市場にも行っていなかったので忘れていましたが、、、そろそろマグロの季節。

e0335287_1525547.jpg


はかりの上に乗っているのは大トロ。この時、中国人らしき観光客がでっかい大トロの塊を買っていました。きっとお刺身で食べるんでしょうね~。ちなみにイタリア人はあまりトロを好みません。脂っこくて嫌という人、多し。という私も、断然赤身派!シチリアで食べるマグロはギュっと身が締まっていて、かなりヘモグロビンも多い感じで

「これ、肉ですか???」

と思っちゃうほど。レア気味にグリルにして食べると最高に美味しい~♪

e0335287_1532530.jpg


カターニアの魚市場は相当規模が大きいのですが、実はシチリア西海岸からも魚がやってきているそうです。トラーパニの南部にあるマッザーラ デル バッロという街には、シチリアで一番大きいといわれる卸の魚市場があります。そこからはシチリア内だけではなく、イタリア全土に魚が輸送されます。ここカターニアでも、

「どこから来たの?」

と聞いてみると、

「西海岸だよ!」

と言われることも多く。

e0335287_153616.jpg


とはいえ、この日は台の上でピチピチと跳ねていた小魚もいたり。小魚は輸送されてきたら跳ねないでしょうからね。カターニア近辺でも新鮮な魚が釣れる、という事でしょう。(そりゃそうか)

e0335287_15385668.jpg


廃墟感が漂うところはパレルモのバッラロ市場にも負けません。これぞシチリア???

e0335287_15411647.jpg


この日はイワシDay。イワシって群れで動くから釣れる時は大量に釣れるのに、釣れないときは誰一人イワシを持っていない、、、。この日はあちらこちらでイワシだけを売っている人がいました。

e0335287_15434745.jpg


シチリアの市場ってちょっと東南アジアを連想されるカオス感があってすごくワクワクします。魚も内臓付きだし、冷蔵ショーケースに入れられているわけでもないので「今日売っちゃわなきゃ!」みたいな感じも更にワクワク(笑)市場散策はやっぱり楽しいですの♪

さて、この後は魚市場内のトラットリアでランチ。その様子はまた明日。
by latavolasiciliana | 2013-05-13 15:46 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana