e0335287_00154434.jpg

東シチリア周遊 究極の美食の旅、”その2”につづき、一気に最後まで書き上げます!

エトナ山の西側、ピスタチオの街ブロンテでたっぷりとピスタチオを満喫した後は、
エトナ山の東側に移動して、ワイナリーお宿へ♬

シチリアにはワイナリーが経営するアグリツーリズモが何軒かあります。
西側のお宿は色々と行ったのですが、東側のお宿はなかなか行く機会がなく。

今回、前から行きたいな~、、、と思っていたワイナリー「Murgo(ムルゴ)」に併設するアグリツーリズモにお邪魔しました。

エトナ山麓を登りながらワイナリー到着。
お宿はワイナリーからワイン畑とエトナ山を眺めながら、歩いて5分くらい登ったところにありました。

e0335287_00260781.jpg
ワイン畑の中にポツンと佇む昔の建物を改装したアグリツーリズモ。
お部屋から直通のテラスからはワイン畑が見渡せ。
11月1日に訪れたのですが、プールではまだ水着で楽しんでいる家族もいて。
(個人的に水着はもう寒かったですが、、、、)

やっぱり自然の中はいいな~!

さてさて、ワイナリーお宿ですからね。
ワイナリーを見させていただかないと。

最近、ちょっと日本でブームっぽくなっているエトナのワイン。
トラーパニのレストランではほとんど地元のワインが置いてあるので、あまり飲むこともない東シチリアのワイン。
オーナー一家のミケーレさんに色々とお話を伺う事ができて勉強になりました。

e0335287_00353126.jpg
さて、ワイナリーを見学した後は、、、もちろん試飲!
レストランのカウンターでMurgoにあるほとんどのワインを試飲させていただき。
あと、ちょっと、、、というところで、

「このワインはテーブルに持っていって、試飲を続けてね!」

と、2本ドン!と渡され。

試飲している間にどんどん並べられた、田舎料理のアンティパストからよるごはん開始!
ワインほぼ飲み放題状態(笑)
パスタ、続いてセコンドはお肉料理、、、。
野菜もたっぷりで嬉しい。
なにより、おっかさんが作ったような田舎野菜料理が美味しかった!

そして翌日の朝食。

ズラリと並べられた自家製ジャムがとっても美味しく。

e0335287_00415443.jpg
シンプルな朝食でしたが、絞りたてオレンジジュースやもぎたてフルーツ、トマトサラダ、生ハム。
甘いもの派もしょっぱいもの派も満足できる素敵な朝食でした。

ワイナリーお宿はやっぱりいいなぁ~。

来年の東シチリア周遊プランで再訪しよう!と心に決めました。

そして2016年東シチリア周遊美食の旅、最終目的地は、、、、タオルミーナ。

シチリアきっての高級リゾート地タオルミーナ。
オヤジ系が好きな私としては、普段はあまりプランに組み込まないのですが、
今回は「ギリシャに想いを馳せる」、、、がサブタイトルの美食の旅。
やっぱりタオルミーナのギリシャ劇場は行かないと。

e0335287_00501631.jpg
久しぶりに街を歩いてみると、やっぱりかわいいタオルミーナ。

私が好きなのは夕暮れ。

e0335287_00534352.jpg
街灯が灯り、夕陽を浴びて建物が赤く染まり、、、。

エトナ山の噴煙も夕陽で赤く染まり、、、。

e0335287_00551725.jpg
美しきタオルミーナの夕暮れ。

e0335287_00565201.jpg
最後の夜ごはんは、せっかくのタオルミーナですから、、、ちょっとオサレなレストランで♬

お庭のあるレストランで、郷土料理ベース、でもちょっと素敵な盛り付け。

e0335287_01035190.jpg
最後の夜は毎回ちょっと寂しくなっちゃうな~。

ご参加頂いた皆さま、6日間の楽しい旅をどうもありがとうございました!

来年の東シチリア周遊美食の旅は、9月下旬~10月上旬にかけてピスタチオの街ブロンテで行われる「ピスタチオ祭り」も組み込もうかな?
と思っています。

ピスタチオ祭りの日程がわかり次第、プランと日程をお知らせしますね!

ラ ターボラ シチリアーナでは東シチリア周遊プランの他にも、シチリアの旬を味わえるプランをたくさんご用意しております。
シチリアで美食を楽しみたい、、、という方。
是非、一度ホームページをご覧くださいね!

シチリア美食の旅をオーガナイズ 「ラ ターボラ シチリアーナ」

皆さんのお越をシチリアでお待ちしております❤



# by latavolasiciliana | 2016-11-20 01:08 | Comments(0)
東シチリア周遊 究極の美食の旅、その1につづき後半戦です!

2泊したシラクーサを後にして向かったのは、エトナ山麓の西側にあるピスタチオの街「ブロンテ」。
祝日だったこの日、街にはシチリア名物のおじいちゃん列が。

e0335287_03485476.jpg

注)写真に写っているおじいちゃんは少ないですが、実際にはもっとたくさんのおじいちゃんがいました!

さて、ブロンテの街の観光もそっちのけでまず探したのが、、、、ピスタチオのお菓子!

e0335287_03571800.jpg

あっちこっちのパスティッチェリアに入り、ピスタチオ菓子を物色、、、。
とある老舗のお菓子屋さんではピスタチオ菓子オンパレード!
私のテンションがMAXに上がる!(笑)

さてさて、ブロンテにきた本当のお目当てはピスタチオの生産者を訪問すること。
街の外れにあるピスタチオの加工工房にお邪魔して、ペーストの作り方を教えてもらい。
その場でなんとピスタチオをた~っぷりと使ったジェラートを作っていただき(嬉)
ショップも併設しているので、ここでまたスパーク!
日本で買ったら猛烈に高いブロンテのピスタチオ。
シチリアで買っても決して安い訳ではないけれど、せっかくブロンテまで来たのだから、、、
質の良い美味しいピスタチオを皆さんお買い上げ!

そしてその後は生産者さんのお宅にお邪魔してランチ。
e0335287_04580141.jpg
ブロンテ郊外にある広大な敷地の中にあったお宅。
周りにはピスタチオの木がたくさん!
大自然の中、お宅のテラスでご馳走になったのは、、、もちろんピスタチオのパスタ!
そしてさっき工房で作った出来立てジェラート❤
どちらもピスタチオをたっぷりと使ってとっても贅沢!

ずっと外食ばかりだったので久しぶりのおうちごはんのおいしかったこと。

ピスタチオのお話もたくさんきいて勉強勉強。
なぜブロンテのピスタチオは美味しいのか、どうやって加工するのか、色々と教えていただきました。

ラ タボーラ シチリアーナの食プランは普通では訪れる事が難しい生産者の訪問がプランに組み込まれているのも特徴の一つ。

シチリア在住の特権でもあるネットワークをフルに活用して皆さんをディープなシチリアの食の世界へご案内しま〜す!


ピスタチオの次は、エトナ山麓東側にあるワイナリーお宿へ、、、。


次回に続く!



# by latavolasiciliana | 2016-11-19 05:09 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)
10月末~11月上旬にかけて、毎年恒例の「秋の東シチリア周遊 究極の美食の旅」が開催されました!


今年のテーマは「ギリシャに想いを馳せる」、、、。
ということで、ギリシャ神話にゆかりのある土地や歴史的建造物を訪れました。

まず、集合はカターニャ。

e0335287_00080212.jpg
「象の像だゾウ~」

と、お決まりのオヤジギャグを毎回飛ばす私(笑)

カターニャはエトナ山のおひざ元の街。
ギリシャ神話にはカターニャやシラクーサのお話がたくさん出てくるのです。

さて、カターニャ。
まずはドォーモやサンタアガタ教会など、きちんと観光もします。
そして市場を冷やかし、パスティッチェリアやバールでお菓子をつまんだりしながら街歩き。
しかし今回の目的は、、、

「馬肉」!

カターニャは馬肉文化が残る地域。
かつてはガード下にあった馬肉の屋台がここ数年いなくなってしまって。
馬肉が食べれるトラットリアというかなんというか、、、ほぼ屋台みたいなお店があるのですが、
あまり治安のいい場所ではないため、お客様をお連れするのはちょっと心配なのですが。

今回はランチだし、用心棒もいるし。
ということでいざ馬肉屋へ!


e0335287_00172763.jpg
馬肉ののグリルに馬肉サルシッチャ、そして馬肉のポルペッテ、、、どれも美味しいんです♪
本当にシンプルな味なのですが、肉自体が美味しいせいか、焼き加減が絶妙なせいか。

お供はもちろんコップ酒。
しかもグラスではなくプラスチックのコップ。
私と行動しているとコップ酒、もしくはプラスチックカップ酒が頻繁に出てくるのは気のせいか、、、(笑)

さて、カターニャを後にして向かったのはシラクーサ。

e0335287_00251401.jpg
いついっても美しいドォーモ広場、、、。
到着後は夜のシラクーサを軽く散策してトラットリアでよるごはん。

そして翌日。
このツアーの中でも、かなり盛り上がったシラクーサのメルカート散策。

e0335287_00331312.jpg
2005年、1か月ちょっと住んでいた事があるシラクーサ。
このメルカートには毎日通っていたのですが、その頃から比べるとちょっとオサレになっていて。
牡蠣を超早業であけてキンキンに冷えた発砲ワインと飲ませてくれるオヤジ。(1個2.5ユーロ)
ゆでだこをその場で切って、オリーブオイルをレモンで食べさせてくれるタコオヤジ。
今が旬!のフィーキ ディ インディア(サボテンの実)。

参加者の皆さんの目がキランッ!と光り(笑)

朝からみんなでちょっとずつ味見、味見、味見、、、。

やっぱり市場は盛り上がる(笑)

その後は、やっぱりギリシャに想いを馳せる旅ですから、、、シラクーサのギリシャ劇場へ。
そして、じゃりじゃりチョコレートの街モディカではここの地域名物?のスカッチャと美味しい赤ワイン。
バロックの街ノートではCaffe' Sicilia(カッフェ シチリア)にてドルチェをつまみ、、、。
駆け足でギリシャ遺跡&バロックの街を楽しみました。

e0335287_00434015.jpg
ギリシャに想いを馳せつつも、やっぱり美食の旅ですからね、、、。
どこに行っても食べる事は忘れません(笑)

余談ですが、私がかつて働いていたモディカの老舗チョコレート屋さん「ボナユート」。
このお店、、、もはやいつ行ってもすごい人、人、人、、、、!!!
いや、私が働いていた11年前もすごい人でしたけどね。
もう、お店の中に溢れんばかりの人がいつも壁のように立ちはだかり。
時代の流れを身をもって感じるのでした、、、。

この日は朝からスパーク!していたため、もはやよるごはんの時間には皆さんお腹があまり空いていなくて。
なので、お宿の近くのトラットリアにて軽く海の幸をつっつき終了。

お腹の微調整は大切ですからね~。
食べ過ぎるとここぞ!という時に食べれなくなっちゃいますから。

美食の旅も約半分が終了。
今回は3組4名様のご参加だったのですが、数日経つと、かなりみんな打ち解けてきていい感じに。
「シチリア」「美食」がキーワードで集まって来た方達ですからね~。
気が合わないわけもなく。
最初は私も「ダイジョウブかな?皆、楽しんでくださっているかな?打ち解けてるかな?」と心配になるのですが、
時が経つにつれそんな心配もなくなっていき、、、。

さて!

旅は後半に続きます!


# by latavolasiciliana | 2016-11-16 00:49 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(2)
e0335287_17433989.jpg

今月から「ポッカレモン有機」のホームページにて、月に1回更新のコラムの連載が開始します!

「シチリアからの風 ~マンマに教わったとっておきレシピ~」

シチリアの日常を「食」をテーマに、シチリアの写真と共にお届けします。

第1回目のテーマは「秋のシチリア・トラーパニの市場」。
トラーパニにいらした方は「わ~懐かしい!」と思うかも、、、の風景満載です!

シチリアの風を日本の皆さんに感じていただけるようなコラムをお届けしたいと思います。

「ポッカレモン有機」を使ったレシピもあります。

ページの右上にFBの「いいね!」やTweetボタンがあります。
読んだよ~、の印に是非クリックいただければありがたいです


毎月更新!がんばりますので、どうぞよろしくお願いします



# by latavolasiciliana | 2016-11-10 17:49 | 日本での活動 | Comments(2)
e0335287_21573265.jpg


毎年、シチリアに来てくださったお客様&日本の料理教室の生徒さん限定でお分けしていた「我が家のオリーブオイル」ですが、

今年は残念ながら不作につき「我が家のオリーブオイル」はお分けするだけのオリーブオイルが確保できず。。。


毎年、お求め頂いていた多くの方から「今年も期待しています!」という熱のこもったメールをたくさんいただいていたので、

知人の農家さんから分けていただくべく何軒もアポを取り奔走していたのですが、、、

やっと納得のいく品質のオリーブオイルを入手することができそうです!


分けてもらったのはなんとC氏の親友のM君。灯台下暗し(笑)


e0335287_21574694.jpg

フレッシュなグリーンの香りが漂い、苦みよりも辛味が少し強く感じられるチェラスォーラ種のオリーブオイル。
今までラ ターボラ シチリアーナのプラン、または日本で開催する料理教室にご参加してくださった方限定で、

11月7日21:30頃にメールを送信しました。

添付ファイルが付いているので、迷惑メールフォルダに入っている可能性も大。

迷惑フォルダーにも入っていない、、、という方、

ブログのコメント欄、FBメッセージ、私へのダイレクトメール等等、、、ご連絡下さい。


お分けできる量が少ないため、ご希望の方はなるべく早めにご連絡下さい。

オリーブオイルが終了し次第、販売も終了です。


今年は不作中の不作の。一昨年の悪夢、、、もしかしたらそれ以上の凶作なトラーパニ地方。
その中でもかなり良質なオリーブオイルをゲットしました!


お申し込みの皆さま、どうぞお楽しみに~☆




# by latavolasiciliana | 2016-11-07 22:45 | オリーブのお話 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana